ホームページのSSL化・https化設定代行

ホームページ制作 京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)株式会社ファンフェアファンファーレでは、常時SSL(https)に対応していないホームページ(ウェブサイト)をお持ちの方向けに、SSL証明書の発行や設定を含め、静的HTMLサイトやWordPressテーマなどをSSL化(https化)させていただくホームページ修正サービスを提供しております。ホームページのSSL化・https化設定代行サービスです。

非SSL(http)ホームページのSSL化(https化) | ホームページ制作 京都 ファンフェアファンファーレ

株式会社ファンフェアファンファーレでは、常時SSL(https)に対応していないホームページ(ウェブサイト)をお持ちの方向けに、SSL証明書の発行や設定を含め、静的HTMLサイトやWordPressテーマなどをSSL化(https化)させていただくホームページ修正サービスを提供しております。 SSL(https通信)とは、サイト接続に関する暗号化通信です。この仕組みにはたくさんの機能がありますが、「サイト訪問者の個人情報を保護する事ができる」と言う部分が一番大きなメリットです。導入することにより、メールフォームなどを利用したお問い合わせ時の個人情報を保護することができます。 ホームページのURLが「http」から始まるものをご利用の場合、現在ブラウザによっては「保護されていません」「保護されていない通信」といった表示がなされます。 サイト閲覧のみであれば、http通信でもさほど問題はありませんが、お問い合わせフォームやコメントフォームなどをご利用の場合は、入力情報が保護されないためユーザーに不信感を持たれる可能性があります。 Webマーケティングにおけるお問い合わせ獲得はもちろん、求人エントリーなどにおいてもメールフォームにSSL(https)が導入されているかいないかで反応率が変化する可能性があることは否めません。 また、SSLによってhttps通信されているホームページとhttpで通信されているホームページを比較した場合、常時SSL化され、httpsで通信されているホームページの方が検索順位においても優先されます。よってこの常時SSL・https通信の設定は、SEOの一要因として考えることができます。 非SSL(http)によるホームページ運営は、ユーザーの情報の保護がなされず、不信感を与えることにもなるという点もさることながら、さらに競合相手がSSL(https)を導入する中、自社ホームページが非SSLでhttp通信を続けた場合は、相対的に検索順位が下がり、結果的にホームページへのアクセスの低下が起こるという点も見逃すことはできません。 常時SSL httpサイトからhttpsサイトへの修正 本ホームページ修正サービスは、「http」から始まるホームページを「https」から始まるホームページへと修正させていただくサービスです。

ホームページ制作 京都のWeb制作会社(ホームページ制作会社)ファンフェアファンファーレ